緑内障には気をつけよう|失明するケースもある

眼が疲れを感じたら

診断

治療が必要な場合とは

皆さんは飛蚊症という言葉をご存知でしょうか。この言葉自体にはピンとこない人でも、症状を知ると経験がある人は多いものです。この症状は生理現象でも起こる症状で、多くの人が1度は経験をしたことがあるのではないでしょうか。視界に黒い点が動いて見えるので、まるで蚊が動いているように感じます。そのため、飛蚊症と名付けられているのです。でも生理現象ではなく病気の進行でこの症状が頻繁に現れたり、視界を邪魔することが増加したら早急に眼科を受診することが大切です。では、飛蚊症は一体どんな病気と関連しているのでしょうか。一番知られている病気は「網膜剥離」です。網膜剥離が進行すると飛蚊症が進行し、視界の見えにくさが伴うようになります。

治療方法とは

生理現象で起きている場合には、眼精疲労やストレスが原因となっていることがあります。時々視界に蚊が飛んでいるように見えたり、糸が現れたりする場合には、目を休めることで回復します。睡眠、目の乾燥を防ぐ、目の周辺を温めてやさしく揉む、などで改善が見られます。また、視界が狭くなるような症状、痛みを伴う場合には速やかに眼科に足を運んでください。治療はどのようなものか、というと一般的にはレーザー手術がメインです。レーザー手術で必要な部位を回復させることを目的としています。網膜剥離などもこの方法で治療が行われています。眼底の怪我でも飛蚊症が出ることがあるのでまずは眼科で目の検査を行いましょう。手術は基本的に予約制です。